株式会社日本光器ロゴ

製品情報

黒鉛球状化率測定ソフトウェア

コンパクトで作業現場への持ち込みが容易なシステム構成

顕微鏡カメラシステム構築

  • ご使用目的やご予算に応じて顕微鏡をお選びいただけます。
  • 黒鉛球状化率測定ソフトウェアの画像

    ソフトウェア「黒鉛球状化率測定Ver.3」の特徴

  • JIS規格G5502、旧JIS(NIK法)対応の黒鉛球状化率測定
  • ISO16112規格、JISG5505規格対応のCV黒鉛鋳鉄の測定機能搭載
  • フェライト面積率・パーライト面積率の同時測定
  • 『自動操作』機能による連続測定
  • 1クリックで測定レポート作成(EXCEL出力対応)
  • 拡大図 フェライト・パーライト組織測定結果の画像
    【動作環境】
    OS Windows7/8/10(日本語OSのみ対応)
    CPU PentiumⅣ以上を推奨
    メモリ 1GB以上を推奨
    HDD 1GB以上の空き(3GB以上を推奨)
    その他 CD-ROM(インストール時必要)
    USBポート2個以上(うちUSB3.0は1つ必要)
    Copyright (c)2019- Nippon Optical Works Co.Ltd. All Rights Reserved.
    ページトップへ戻る