株式会社日本光器ロゴ

製品情報

読取顕微鏡XYシリーズ
MEASURING MICROSCOPE XYseries

読取顕微鏡XYシリーズD2XY-KSHの画像 写真は D2XY-KSH ( X: 200mm x Y : 150mm)

<特徴>
・最小読取値  0.01mm
・複雑な形状の測定が可能
・豊富なラインナップ

<機種>
・ D2XY-KSH ( X: 200mm x Y : 150mm)
・ D5XY-KSH ( X: 500mm x Y : 150mm)
・ D10XY-KSH ( X: 1000mm x Y : 150mm)

製品紹介

平面の2点間の長さを測定する機器です。
部品加工品や微細部品などの寸法検査にご使用いただけます。
特に本機は、非接触で測定が可能なため、ノギスやマイクロメータ等で、測定が困難な複雑な形状部位を、顕微鏡内の平面座標上で容易に測定することができます。
また、金属だけではなく、プラスチックやゴムのように、形状が変形しやすい部品の測定にも適しております。
工具顕微鏡や投影機の代わりとして、お使いいただけます。

<オプション品の紹介 さらに使いやすく便利に>

ズームスコープカメラを本機にお取り付けいただく事で、パソコン上に画像を映し出すことができ、測定箇所を大きく観察することができます。
さらに、二次元計測ソフトを追加することで、計測値や画像を保存することができ、データ解析や品質管理が、より便利に行えるようになります。
また、Vブロックや両センター保持機構にすることで、棒状の製品測定時において安定したワークの保持が可能となります。

その他色々と取り揃えております。詳細はこちらから

製品構成

製品構成 標準仕様
型式 D2XY-KSH、D5XY-KSH、D10XY-KSH
測定範囲 X軸 200mm、500mm、1,000mm
Y軸 150mm
最小読取値 0.01mm(デジマチック仕様)
総合倍率 50倍・25倍 十字線入
ステージ アルミ製・ガラス製よりお選びいただけます。
サイズ・重量 約350mm(H)×550mm(W)×370mm(D)22kg※D2XY-KSH
Copyright (c)2019- Nippon Optical Works Co.Ltd. All Rights Reserved.
ページトップへ戻る