株式会社日本光器ロゴ

製品情報

超小型金属顕微鏡

 N.O.W.-KⅢ(接眼レンズ10倍)  N.O.W.-KⅣ(接眼レンズ10倍)
写真はN.O.W.-KⅢ
(接眼レンズ10倍)
写真はN.O.W.-KⅣ
(接眼レンズ10倍)

<特徴> ・超小型、超軽量の手のひらサイズ
・持ち運びが便利で、あらゆる現場に携行できる
・卓上型金属顕微鏡と同等の性能

≪機種≫ ・ N.O.W.-KⅢ
・N.O.W.-KⅣ

接眼レンズ
対物レンズ
5倍10倍20倍
10倍
20倍
40倍

総合倍率最大800倍

製品紹介

〈 N.O.W.-KⅢ、N.O.W.-KⅣ 共通 〉
部品加工品や微細部品などの寸法検査にご使用いただけます。
金属肌等の表面観察に使用できる超小型顕微鏡です。
超小型、超軽量(900g)で手のひらサイズ、どんな現場にも携行し、手軽に広範囲の観察ができます。
レボルバーにより、総合倍率を100倍、200倍、400倍の3段階に切り替えることができます。
さらに、接眼レンズを20倍に切り替えることで、総合倍率を最大800倍にすることが可能となり、被写体の特徴にあった倍率で観察することができます。
視野の明るさ、分解能、倍率等において、卓上型金属顕微鏡と同等の性能を有しています。
USBポートから、光源電源がとれます。

〈 N.O.W.-KⅢ 〉
正立型となっており、観察平面上に、本顕微鏡を置くことによって、その平面の観察を行ないます。
卓上顕微鏡では不可能な大型部品、移動困難な部品の表面観察が可能です。

〈 N.O.W.-KⅣ 〉
倒立型になっており、本顕微鏡のステージ部にサンプルをのせて観察します。
小型部品等、N.O.W.-KⅢ型では観察しにくい対象物の観察に適しています。

<オプション品の紹介 さらに使いやすく便利に>

小型USB2.0カメラ取付で画像の保存が可能です。画像解析や、品質管理が行えます。
また、ご自分のスマートホンのカメラ機能で画像を観察したり、保存できるスマートホン用カメラアダプターもございます。アイフォン、アンドロイド対応ですが、タブレットの大きさにより取付けられない機種もございます。

また、ダイレクトカメラを取り付けることで、観察面をモニターに直接映し出すことができるようになります。4Kあるいは8Kモニターを使用すると、観察面が鮮明に映し出されます。

その他色々と取り揃えております。詳細はこちらから

製品構成

製品構成 標準仕様
型式 N.O.W.-KⅢ 、 N.O.W.-KⅣ
総合倍率 100X、200X、400X(50X、800X)
接眼レンズ W10X (W5X、W20X)
対物レンズ M10x、M20x、M40x
鏡筒 単眼
レボルバー 3個
焦点調整 本体上下動(N.O.W.-KⅢ) ステージ上下動(N.O.W.-KⅣ)
光源電源 USBポート仕様 ※DC5V 1A
付属品 調光器付きUSBケーブル  専用アルミケース
サイズ・重量 110mm(H) x 50mm(W) x 150mm(D) 900g
Copyright (c)2019- Nippon Optical Works Co.Ltd. All Rights Reserved.
ページトップへ戻る